事業案内

農業共済制度の7つの事業

農業共済事業では、農作物共済、家畜共済、果樹共済、畑作物共済、園芸施設共済の5つの共済事業のほか、国による共済掛金の負担や再保険のない建物共済、農機具共済を実施しています。

農作物共済

[当然加入]農作物共済には水稲・麦の2種類があります。
風水害、干害等による災害、火災、病虫害、鳥獣害等による減収に共済金が支払われます。加入方式は「一筆方式」と水稲では「品質方式」、麦には「災害収入共済方式」があります。

家畜共済

[義務加入]家畜共済では牛・馬・豚が加入できます。
それぞれの家畜の種類ごとに飼養している全頭をまとめて入っていただく包括加入となっています。なお、申出により子牛等は除外することができます。加入している家畜が死亡したり、ケガや病気で治療を受けたり、廃用になったときに共済金が支払われます。

果樹共済

[義務加入]果樹共済ではぶどう・ももが加入できます。
風水害、ひょう害等による災害、火災、病虫害、鳥獣害などによる減収に共済金が支払われます。加入方式は半相殺減収総合一般方式、短縮方式、災害収入共済方式と樹園地減収総合一般方式があります。

畑作物共済

[義務加入]畑作物共済では大豆・ばれいしょが加入できます。
風水害、干害等による災害、病虫害、鳥獣害等による減収に共済金が支払われます。加入方式は、大豆については一筆方式と半相殺方式、全相殺方式、ばれいしょは全相殺方式です。

園芸施設共済

[義務加入]園芸施設共済ではビニールハウスやガラス室・多目的ネットハウスなどの施設が、風水害等による災害、火災などにあったときに共済金が支払われます。施設本体といっしょに暖房機などの附帯施設や栽培されている農作物も加入できます。

建物共済

[任意加入]建物共済では、農家の住宅をはじめ納屋、畜舎などの建物と住宅の中に収容されている家財等の被害に対して共済金が支払われます。火災等を対象とした火災共済と、火災のほか自然災害も対象とする総合共済があります。

農機具共済

[任意加入]農機具共済には、稼働中の事故、火災、自然災害を対象とした農機具損害共済と、買い替え資金づくりとその間の災害を対象とした農機具更新共済の2種類があります。


このページの先頭へ



トップページへNOSAI 岡山地区についてアクセスお問い合わせ
農作物共済家畜共済果樹共済畑作物共済園芸施設共済建物共済農機具共済
よくある質問用語集広報紙バックナンバーリンク個人情報のお取り扱い