園芸施設共済

園芸施設共済ではプラスチックハウス・ガラス室のほかに、
附帯施設・施設内農作物もあわせて加入できます。

こちら(PDF)も御覧ください。

加入

農作物を栽培するための施設(ガラス室・プラスチックハウス・雨よけハウス・多目的ネット等)が対象です。また、附帯施設及び施設内で栽培される野菜・花きなどの農作物も加入できます。(施設内農作物には病虫害事故除外方式もあります)

対象となる事故

風水害、ひょう害、雪害、その他気象上の原因による災害、火災、破裂、爆発、航空機の墜落等、病虫害及び鳥獣害です。(栽培管理の不良などによる施設内農作物の減収は災害とは見なされず、分割評価されます。また、単独で発生した病虫害は管理の程度により30%以上が分割評価されます)

責任期間

年間を通して被覆されている施設は共済掛金を払い込んだ日の翌日から1年間です。被覆期間が周年でないものは、4か月以上1年未満とすることができます。

補償内容

1棟ごとに共済価額(時価額)の8割までを補償します。
施設内農作物に加入された場合は、生産費に相当する額を補償します。

特定園芸施設の時価額
骨格材、被覆材ごとに一定の算出により減価償却した価額
附帯施設の時価額
新設後、1年ずつ5年間にかけて減価償却した価額
施設内農作物の価額
特定園芸施設の価格に応じ、生産費を補償する価額

共済金額

共済金額は施設の共済価額(時価額)の5割~8割で選択できます。

共済金額=共済価額(時価額)×付保割合(50%~80%)

共済掛金

掛金の5割を国が負担します。

共済掛金=共済金額×共済掛金率(表)×(責任期間(月)/12)

(共済掛金率は3年ごとに改定されます。)

共済掛金率(平成24年度~平成26年度まで適用)

特定
園芸施設
の区分
施設の構造 基準共済掛金率
骨格材 被覆材 特定園芸施設及び付帯施設に係るもの 病虫害を事故除外しないものの施設内農作物に係るもの  病虫害を事故除外するものの施設内農作物に係るもの  特定園芸施設撤去費用に係るもの





Ⅰ類

木造

ガラス
%

0.440
%

3.199
%

2.305
%

0.113
Ⅱ類 鉄骨 ガラス 0.116 1.606 0.319 0.022








Ⅰ類 木竹 プラスチック
フィルム
2.267 7.551 3.890 -
Ⅱ類 パイプ プラスチック
フィルム
4.365 2.706 1.814 -
Ⅲ類 鉄骨下 プラスチック
フィルム
1.160 3.898 2.570 0.630
Ⅳ類甲 鉄骨中・軟 軟質
プラスチック
フィルム
0.692 1.383 0.597 0.103
Ⅳ類乙 鉄骨中・硬 軟質
プラスチック
フィルム
0.844 2.562 1.056 0.095
Ⅴ類 鉄骨上 合成
樹脂板
0.253 1.488 1.219 0.074
Ⅵ類
(雨よけ等)
Ⅰ~Ⅴ類に
属するもの
屋根面被覆材
がプラスチッ
クフィルム、
寒冷紗等
4.962 7.989 4.131 0.336

Ⅶ類
(多目的ネット)

鋼材・
アルミ等
ネット 7.997 8.445 4.048 -

間口6mで奥行き50mのパイプハウス(300㎡)の共済金額(補償額)と
農家負担共済掛金は(パイプの外径が25.4mm以下)

  補償額 農家負担共済掛金
新たに設置した場合 482,000円 10,519円
設置後3年以上経過 309,000円 6,743円
設置後5年以上経過 194,000円 4,234円

共済金の支払い

1棟ごとに1回の事故が次の場合に支払われます。

  • ○ 共済価額の合計が30万円以上のハウス - 損害額が3万円を超えたとき。
  • ○ 共済価額の合計が30万円未満のハウス - 損害額が共済価額の1割を超えたとき。
  • (特定園芸施設撤去費用を除く。)
支払共済金=損害額×付保割合

共済責任期間中に共済金の支払いが何度あっても全損を除き共済金額は減額しません。

加入状況の推移

加入状況の推移のグラフ

共済金支払状況

共済金支払状況のグラフ

5年間の合計

農家負担金と共済金(平成21年~25年度)

このページの先頭へ



トップページへNOSAI 岡山地区についてアクセスお問い合わせ
農作物共済家畜共済果樹共済畑作物共済園芸施設共済建物共済農機具共済
よくある質問用語集広報紙バックナンバーリンク個人情報のお取り扱い