NOSAIの建物共済

NOSAIの建物共済には火災共済総合共済があります。

 

火災共済総合共済臨時費用担保特約共済掛金ご契約にあたって

火災共済 1棟 6,000万円まで(火災等の事故を対象)

お支払いする事故は1~8の事故です。

  • 1.火災
  • 2.落雷
  • 3.物体の落下・衝突
  • 4.盗難によるき損または汚損
  • 5.破裂・爆発
  • 6.給排水設備に生じた事故による水ぬれ
  • 7.騒乱・集団行動による破壊
  • 8.消化活動による損害
 

※2.落雷は、業者の証明書が必要です。
※3.車の当逃げ、4.盗難は、警察への届出が必要です。
※4.盗難による盗取品は対象になりません。

火災共済の損害共済金のお支払は

◆火災等の事故の場合◆

 

加入共済金額が共済価格の80%以上のとき

(加入共済金額を限度とします)

加入共済金額が共済価格の80%未満のとき

(加入共済金額を限度とします)

 
 

火災共済と総合共済へ同時に加入する場合は、6,500万円が限度です。

このページの先頭へ


総合共済 1棟 2,000万円まで(自然災害まで幅広く補償)

お支払いする事故は1~12の事故です。

  • 9.台風等の風水害
  • 10.雪害
  • 11.土砂崩れ
  • 12.地震・噴火・津波
  • 1.火災
  • 2.落雷
  • 3.物体の落下・衝突
  • 4.盗難によるき損または汚損
  • 5.破裂・爆発
  • 6.給排水設備に生じた事故による水ぬれ
  • 7.騒乱・集団行動による破壊
  • 8.消化活動による損害
 

※12.地震等が原因の場合、支払は加入額の30%が限度です。

総合共済の損害共済金のお支払は

◆自然災害(地震等を除く)の事故の場合◆

9~12の事故
損害額が1万円以上のとき
損害共済金=(損害額-10,000円)×加入共済金額/共済価格

 

◆地震、噴火または津波の事故の場合◆

12の事故
損害額が建物は5%以上、家財及び農機具は70%以上のとき
損害共済金=損害額×(加入共済金額×0.3)/共済価格

 

◆火災等の事故の場合◆

1~8の事故
火災共済と同じです。

 

火災共済と総合共済へ同時に加入する場合は、6,500万円が限度です。

このページの先頭へ


加入のしかたでこんなに違う!

家財の目安額1,000万円の建物で
テレビ、電話機、パソコンなどに12万円の損害が発生した場合

1,000万円加入したとき

しっかり加入しているので安心

100万円加入したとき

もっと加入しておけばよかった…

 

落雷事故多発

落雷による電気製品等の被害に備えて、建物だけでなく家財への加入をおすすめします。

建物:エアコン・給湯器・TVアンテナなど
家財:テレビ・ビデオ・パソコン・電話など

損害共済金に各種費用をプラスして保障します

残存物片付け費用共済金
1~12の事故のとき残存物の片付け費用として損害共済金の10%を限度として実費をお支払します。
特別費用共済金
1~8の事故により80%以上の損害を受けたとき、加入共済金額の10%をお支払します。
損害防止費用共済金
1~8の損害を防止軽減するための消火活動に要した費用に対し実費を限度としてお支払します。
失火見舞費用共済金
1・5の事故によって隣家などに類焼を及ぼしたとき1被害世帯あたり20万円を加入者にお支払します。
ただし、加入共済金額の20%が限度。
地震火災費用共済金(火災共済のみ対象)
地震による火災により建物は半焼以上、家財・農機具は80%以上の損害を受けたとき加入共済金額の5%をお支払します。

臨時費用担保特約

共済金20%アップ
1~12の損害に伴う臨時の費用として損害共済金の20%をプラスしてお支払します。
(1事故1建物250万円限度)
死亡又は後遺障害費用をプラス
1~8の事故により加入者等が200日以内に死亡又は後遺障害を被った時、加入共済金額の30%をプラスしてお支払します。(1事故1名200万円限度)

このページの先頭へ


共済掛金(年間)

※加入共済金額1,000万円当たり
※掛金は、建物の構造と用途によって異なります。
※表中の「臨時有」は、臨時費用担保特約付のことです。

構造 用途
普通物件
  • 住宅・納屋・土蔵
  • 畜舎・農作業場・倉庫
  • 集会場(330㎡未満)
  • アパートなど
特殊一般物件
  • 販売店舗・併用住宅
  • 事務所・神社・寺院
  • 集会場(330㎡以上)
  • 医療施設・理髪店など
特殊割増物件
  • 料理店・飲食店
  • 販売店舗(330㎡以上)
  • 木材加工・工場(火気使用)(険物収納)など
共済の種類 臨時有無 火災共済 総合共済 火災共済 総合共済 火災共済 総合共済
一般造 臨時無 8,800円 26,300 16,200円 32,000 35,200円 46,500
臨時有 10,200円 30,900 18,800円 37,500 40,800円 54,500
耐火造B 臨時無 5,000円 23,400 7,700円 25,500 15,700円 31,600
臨時有 5,800円 27,500 8,900円 29,900 18,200円 37,100
耐火造A 臨時無 2,700円 23,400 3,100円 25,500 5,100円 31,600
臨時有 3,100円 27,500 3,600円 29,900 5,900円 37,100
一般造り
一般造り
木造で外壁に木材(可燃性材料)の見えている建物
一般造り
一般造り
木造で外壁のすべてが不燃材料で仕上げられている建物
耐火造B
耐火造B
鉄骨造で外壁のすべてが不燃材料で仕上げられている建物
耐火造A
耐火造A
コンクリート造で外壁、屋根、小屋組、床のすべてがコンクリートの建物
 

このページの先頭へ


ご契約にあたって

  • ご契約は1棟ごとに1年間です。
  • 建物には基礎を含みます。門堀垣、カーポート、その他の工作物は申し出により加入できます。
  • 家財とは、家具・電気製品・衣類・寝具などの生活に必要な用具のことです。ただし、貴金属・宝石・書画・骨董品・置物など1点30万円以上のものは含まれません。
  • 農機具とは加入建物に収容された大型農機具・小農器具を含めたものです。
  • 他の保険契約と合わせて建物の再建築価格、家財・農機具の再取得価格以上の契約がある場合において、それぞれの支払責任額の合計が損害額を上回る場合は、約款の定めにより分担して支払います。

引受対象としないもの

  • 空家、建築中の建物、遊興施設、共同アンテナ、敷地外のアンテナ及びポンプ、現金、営業用什器備品・商品は引受対象となりません。

このページの先頭へ



トップページへNOSAI 岡山地区についてアクセスお問い合わせ
農作物共済家畜共済果樹共済畑作物共済園芸施設共済建物共済農機具共済
よくある質問用語集広報紙バックナンバーリンク個人情報のお取り扱い