任意共済のご継続について

2016.07.19更新

平成28年度の任意共済の加入にあたり全ての加入者の方々に加入資格審査を行っております。
7月下旬頃から各地区の任意共済推進会議が開催され、推進員さんが継続加入の手続きに訪問いたします。
今年度からのご加入に際しましては、建物共済の場合は加入申込書左下の『営農状況のご確認について』、農機具損害共済については加入申込書右下の『営農状況のご確認について』をご確認のうえお申込みいただきますようお願いいたします。

(以下の記入例をご参照ください)

  
○建物共済

○農機具損害共済



~ご参考~

加入資格要件について
下記①~③の要件について確認を行っています。
①住所要件(組合の区域内に住所を有していること)
②業務要件(共済目的である建物農機具を所有し「農業を営む者」(※1)であること)
③物件要件(組合員が共済に付することができる物件は、上記①②の加入要件を満たす者 が所有、または共有、管理する建物、農機具に限ります。)


「農業を営む者」の範囲(※1)
1)制度共済(農作物・家畜・果樹・畑作物・園芸施設)に加入している。
2)家畜につき養畜の業務を営んでいる。
3)花き・くだもの・野菜などの栽培の業務を営んでいる。
4)上記以外で農業を営んでいる。
5)農業地域、農家組合などに必要な共同財産の加入者(所有または共有、管理する者)が上記1)~4)に該当している。
※「営む」とは、作付、飼育等を行い、販売を目的とした営利活動のことを指します。
 

このページの先頭へ



トップページへNOSAI 岡山地区についてアクセスお問い合わせ
農作物共済家畜共済果樹共済畑作物共済園芸施設共済建物共済農機具共済
よくある質問用語集広報紙バックナンバーリンク個人情報のお取り扱い